シュノーケリング

シュノーケリングを始めて衝撃を受けたのは水の透明度!「ん?ここプール?」と勘違いするほどあらゆるものがくっきりと確認できました。
まだまだ普通の人には認知されていませんが、MSD(マスター・スクーバ・ダイバー)は、いろんなダイビング実践や境遇で技能を磨いて、実績を積んできたことを意味している「アマチュア最高峰のクラス」と称されます。
綺麗な美ら海でダイビングライセンスを取りたいと予定している方、すぐに取得できるか自信がないのではありませんか?どのダイビングスクールに絞り込めばよいか困っていませんか?
多くのダイバーショップでは何も持たずにダイビングを楽しんでいただけることを目標に、器材や関連道具の保管場所の提供をご提供しています。海に潜る時は身軽でウェルカムです!
那覇の近海をダイビング計画を立てる場合におすすめするのは絶対チービシエリアです。どちらかと言うと初心者の方に適したポイントが連なり、構えることなく心置きなくボートダイビングを楽しむことが可能です。
昨年執り行われた盛大な夏祭りin那覇、汗だくで踊るエイサーを一緒に応援できました!今度のお祭りは中心地那覇市国際通りでサマーシーズンに開催されます!
大きいマングローブ林を眺めながらカヌーのツーリング。ジャングルを通って迫力ある滝を徒歩で見に行く。誰もが冒険心をくすぐられる西表島の大自然へいざ行かん!

“テーマと実践“を携えたダイビングの魅力を感じて頂き、適正に味わうための技術を学びます。日常の見方が広がることが望みです。
この国では南の沖縄がダイビングの総本山と位置付けても当然だと言えます。美しいサンゴ礁に出合うダイビングはそれ以外の場所とは比較できない別格のものです。
沖縄の琉球村とは築100年以上の民家を移してきて保存している以外にも、藍という植物を使った染め物体験や三線・エイサーの弾き方・鳴らし方教室、沖縄に住まうおばあとの雑談などを見て実践できる体験施設です。
ダイビングの熟練者とは「ダイビングの回数が結構ある」「ダイビングが上手」と評価されていることのみではなることはでいません。
ウィンドサーフィンのポイントはどこにあるんだろう。セールにかかる大気圧を双方の手でトリムすればツツーッとサーフボードが進み始めます。
ウインドサーフィン(ボードセーリング)は風力で海を移動するユニークな乗り物である。やや大きいサーフボードにヨットにあるセイルを装備した物と伝えればイメージを描きやすいだろうか。

貴重なクジラの魅力的な仕草を観察したい!という旅行客に行ってみてほしいのが、速いクルージングで目指す充実したホエールウォッチングです。
沖縄のダイビングスポットと言えば想像される「青の洞窟」を、手軽なシュノーケリングで戯れる人気のあるコースです。必要なレクチャーを受けていただいてから出発。どこまでも透明な海と見たこともない洞窟をしっかりと楽しんでください。