青の洞窟・シュノーケル探検

ダイバーに人気の沖縄にはいろんなビーチがあり、その日の天候により一番適したポイントへ行きます。大型船では入ることができないポイントへ先導するボートプランが定番ツアーです。

沖縄では特に夏場の観光客が多いために、パートのスタッフ(夏場だけのスタッフ)が存在しないのは結構珍しい店舗だと考えられます。

沖縄は地域がら春・夏・秋・冬に関わらず一年を通じてダイビングを堪能できます。ダイバーが行く季節と状況により波の状況が変わり、その影響を受けるので、訪れるポイントが考えなければなりません。

海中での保温及び保護のためになる海用スーツは、それが持っている機能性を高めることが可能になるようにどうにかしてご自身だけのダイビング用スーツを手に入れることをお考えください。

那覇の近港から午前中にスタートして、ダイビングボートを利用して使って慶良間地域のポイントまで行き、素晴らしいダイビングを2~3回行ってから、午後に宿に戻るツアーが人気です。

沢山の人で賑わう「青の洞窟・シュノーケル探検プラン」に加えて、海中でのんびりと酸素を吸いながら普段見れないようなカラフルな小魚たちと楽しむことが可能なファーストステップダイビングも絶対お薦めです。

那覇の近海をダイビングしたいと考える場合に候補に挙がるのは絶対チービシエリアです。比較的に初心者の方向けの箇所がいっぱいで、構えることなく心置きなくボートダイビングを楽しむことがお約束できます。

抜群の人気を誇る「青の洞窟・シュノーケル探検プラン」だけではなく、海の中でやんわりと酸素を吸いながらカラーリングの可愛い小さな主役たちと遊ぶことができる初体験ダイビングも間違いなく満足いただけるものと思います。

那覇の中心部から西へ約4里のチービシ環礁は神山島とクエフ島、ナガンヌ島という名前の3島から成っており、中でも一番面積の大きい島が渡嘉敷村のナガンヌ島です。絶妙なコントラストを目の当たりにできる見応えのある島です。

様々なダイバーが楽しみにしている!絶えず崇高な海を制覇するために多くのダイバーたちが海に足を運びます。

ダイビングのテクニックを間違いなく習得するためのトレーニング、海中の自然を大変満足できるダイビングを始めましょう。

ダイビングを分けて考えると、スポーツとプロダイビングに分類されます。どうせ取り組むならダイビングのプロを目標に頑張ってみたくありませんか?機会を作ってプロダイバーの一日を実際に見ることをお勧めします。

沖縄の海の中でも特にダイビングで有名な「青の洞窟」を、一番手軽なシュノーケリングで楽しむ一番人気のツアーです。必要な講習を受講していただいた後の出発。のんびりできる海の風景とエキゾチックな洞窟をしっかりと楽しんでください。

プロ好みの恩納村界隈でのダイビングの模様を、ダイバー自身が撮影した映像でお見せします。プロ好みの恩納村界隈でのダイビングが果たしてどのような印象なのかを認識しておきたい方、ご覧になってください。

ダイビングは年取ってからでも大丈夫?老若男女の年齢の制限は特にないというのが実情です。75歳を全く意識せずにダイビングを若者との交流の場として考えている方は多くいらっしゃいますよ。